医療用縫合針・縫合糸メーカーの株式会社 河野製作所 所在地:千葉県市川市曽谷 商品販売会社:クラウンジュンコウノ

事業内容

技×知 河野製作所とは

― これまでの歩み ―

河野製作所は「開発型ベンチャー企業」として、半世紀にわたり培ってきた《微細加工技術》を活かし、医療機器の開発製造に取り組んでまいりました。 創業以来、計測機器用の指針の製造を行っていた河野製作所の医療分野への進出は、1964年のこと。当時の医療機器の製造・販売事業は、《微細加工技術》を活かして挑戦を始めた新規事業でした。 以来、半世紀。
現在では、当社が製造する微細手術用針は、世界最高水準のクオリティを評価されて、数多くの賞を受賞しています。

 “命を支えるために、まだ誰も見たことがないものを創る” という強い信念と、 “少数派の患者さんたちを救いたい” というエンジニアたちの熱い想いは、今日の「クラウンジュン」ブランドとして結実しています。

― ビジネスモデルと経営戦略 ―

私たちのビジネスモデルは、《微細加工技術》を活かしたモノづくりで《新規市場の創造》を行うことを基幹としています。大手企業ではカバーしにくいニッチな分野に着目し、小さなニーズに対応する《多品種少量生産の高付加価値製品》の開発・製造を行うことで、収益性の高い事業を展開してきました。

経営戦略としましては、積極的なR&D投資を実施。その成果をモノづくりに活かすことで、収益性の高い製品群の開発を実現しています。また、新商品から得た収益を、再びR&D投資へと循環することで、将来に渡って《新規市場の創造》を継続していく経営基盤の確立にも取り組んでいます。今後も適切な件数の開発を進めていくために、国内外の市場動向を注視しつつ、海外展開も視野に入れた《市場開拓型の経営戦略》を実施してまいります。

―「医工連携」を通じたモノづくり ―

河野製作所では、お客さまのニーズと、私たちが持つシーズとを結びつける「医工連携(※医療関係者の皆さまとの共同開発)」を推進しています。 「医工連携」により、現場のニーズに対応するマーケットインの発想と、潜在的なニーズを掘り起こす プロダクトアウトの発想を兼ね備えたモノづくりが実現されています。「医工連携」は、新製品を生み出すイノベーションの原動力です。今後も、医療関係者の皆さまとのコミュニケーションを深めることで、「医工連携」の機会を広く求め、明日の医療を支える製品開発のフロンティアを切り拓いてまいります。

私たちは、先人たちから引き継ぎ、この手で育んだ「微細製造技術」と「市場開拓型のゼロからのチャレンジ精神」を胸に、患者の皆さまの命を支える製品の開発・製造に取り組むことで、これからも社会に貢献していきます。

次のページ  »  プレスリリース

河野製作所の取り組み

  • 医工連携
  • 基礎研究
  • 伝統工芸

河野製作所の製品開発

  • マイクロ
  • アスフレックス
  • i-station

河野製作所とは

  • ものづくり技術部
  • 事業内容