医療用縫合針・縫合糸メーカーの株式会社 河野製作所 所在地:千葉県市川市曽谷 商品販売会社:クラウンジュンコウノ

素×新 新素材との出逢い ~アスフレックスで、リオペゼロを目指す~

新素材との出逢い~アスフレックスで、リオペゼロを目指す~

新素材への挑戦

「アスフレックス」は、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)樹脂を素材に採用した、世界初の心臓血管外科用の糸として世に出ることになります。「アスフレックス」の開発は、新素材との出逢いがきっかけでした。当時の心臓血管外科の分野では、縫合の際にポリプロピレン(PP)樹脂の糸を使っていました。ところが、PPは患者さんの体内で劣化が生じます。そのため人工血管と血管の縫合が外れ、リオペ(※再手術)が必要となるケースがしばしば起こり、患者さんにとって大きな負担となっていました。

国内の大手肌着メーカーから、PVDFの紹介を受けたのはそんな折です。PVDFはPPにくらべて強度に優れ、体内で長期間劣化しにくく、さらに人体に対し悪い反応が少ない素材ということがわかりました。それにも関わらず、PVDFを使った糸は、当時、まだ市場には出ていなかったのです。PVDFは、PPにくらべて材料費が高く、加工も難しかったことが理由として挙げられます。また、従来のPPの糸で、既に一定のシェアが取れている企業にとっては、積極的にリスクを取ってまで、PVDFの糸を開発する必要性が低かったのだと思います。

一方、私たちは、それまで心臓血管外科の分野の針糸の製造は行っていませんでした。その点では、過去の施策に捕われない「選択の自由さ」が許されていた。言うなれば、失うものがないゼロからのチャレンジだからこそ、あのタイミングで開発をスタートさせる、迅速な決断ができたのだと思っています。

アスフレックス

失敗を恐れない“モノづくり”

アスフレックス

「アスフレックス」の開発を支えたのは、エンジニアの失敗を恐れずに挑戦し続ける心でした。メーカーにおける研究開発では、膨大な時間と資金を投入したにも関わらず、思い通りの結果が得られず製品化に至らないことも起こり得ます。また、医療機器としての承認が思うように得られないこともあるかも知れません。

こうしたリスクを考慮すれば、当然、社内からも慎重な意見や、反対の声も出てきます。新しいことをやろうとすると、どうしても反対意見は出てくるものです。むしろ、誰もが賛成するようなアイデアって良くないんですよ。既にある製品分野の市場に追従者として参加するのではなく、ニッチな分野で今までになかった製品を開発し、市場を創造していく。それが私たちのビジネスモデルですから。常に新しい分野で市場創造を進めていく私たちにとって、ゼロからのチャレンジは、言わば必然です。

だからこそ、チャレンジした結果の失敗については、許容するようにしています。失敗を恐れずに挑戦するエンジニアほど、多くの技術に触れる機会が得られます。その結果、課題を解決する上での選択肢が増え、応用が効くようになっていくのです。新規開発案件のお話を頂いた時、失敗が多いエンジニアほど胸をはって「それ、できます!」と言えるのではないでしょうか。

不自由の先に、工夫が生まれる

「アスフレックス」の開発では、高い技術力で加工の難しい PVDFを用いた糸の製品化を実現しました。現在では、日本中の多くの医師から高い評価を得るに至っています。ゼロからの挑戦を通じて《多品種少量生産の高付加価値の製品》が誕生し、市場創造が達成できたことは、とても大きな成果です。それは、不自由の先に、工夫が生まれ、技術が研かれることを肌で感じられる瞬間でした。

私たちは、人材の得意分野が活かされるように会社が進む道をシフトしていく技術集団です。企業に人材を合わせるのではなく、人材に、企業が合わせる。だからこそ、この会社のエンジニアたちは、どんな小さなことでも良いので、自分が一番という得意分野をつくることを大切にしています。得意分野を持つエンジニアは、自由裁量を与えられ、最終のゴールが明確に提示された仕事を任せられると、自分で開発を切り拓いていく情熱が湧いてくるものです。限られた期間の中で結果を出さなければならないプレッシャーは相当なものだけに、追いつめられたエンジニアは強いですよ(笑)。

「アスフレックス」の開発によってリオペが減り、患者さんの状態改善が得られたことは、私たちにとって大きな成果です。今後も「アスフレックス」のような《日本人らしい気づかいが込められた製品》を開発し続けていきたいと考えています。

アスフレックス

河野製作所の取り組み

  • 医工連携
  • 基礎研究
  • 伝統工芸

河野製作所の製品開発

  • マイクロ
  • アスフレックス
  • i-station

河野製作所とは

  • ものづくり技術部
  • 事業内容