株式会社 河野製作所

CROWNJUN
English Chinese
平成24年5月5日(土) ちば県民だより
  拝見!千葉の輝き
 渇ヘ野製作所(市川市)
  命を支えるオンリー・ワン技術

 人々の怪我を治し、命を救うため、急速な進歩を遂げている医療技術。渇ヘ野製作所は世界トップレベルの製造技術で、最先端医療を支えるさまざまな医療製品を世に送り出しています。中でも顕微鏡下で行う特殊な外科手術に使われる糸付き針は、太さ0.03oと世界最小。従来では不可能だった乳幼児の細く柔らかな毛細血管でさえ、縫い合わせることを可能にしました。

 計測機器用指針の製造メーカーとして、昭和24年に創業し、昭和39年から針や糸などの医療製品の生産を開始しました。創業60年を超える老舗企業ながら、常に新しい技術開発に挑戦しています。

 「挑戦し続けるために必要なのは、既存の発送やルールにとらわれないことです」と語るのは河野淳一社長。医師との情報交換を繰り返し、医療現場の要望に応えることで、今までにない「オンリー・ワン」の製品開発に全力を注いできました。

 こうした医療製品の製造を担うのは、熟練した従業員の手作業。精密な作業は機械ではできません。さらに人の命を支える製品は、厳正な管理の上、入念な検査が行われています。

 「医療に携わる企業として、社会に貢献し、社会から求められる企業を目指しています。日本のモノづくりの素晴らしさを世界にアピールしたい」と河野社長は、思いを語ってくれました。

問い合わせ

株式会社河野製作所
047(372)3281

記事(PDF形式)