株式会社 河野製作所

CROWNJUN
English Chinese
日刊工業新聞 2013年(平成25年)10月25日(金曜日)
  トップに聞く−わが社の戦略
 株式会社河野製作所
  技術開発型ベンチャーであり続ける

-血管の縫合手術などで使う超微細針で存在感を発揮しています。

「当社が得意とするのは直径70マイクロb(マイクロは100万分の1)以下の超微細針。全て医師のニーズを元に作る受注生産方式で、現在最も細い針は同30マイクロbだ。大手企業の多い医療機器業界で、中小である当社が生き残るにはニッチで付加価値の高い品が求められる市場で最前線を走れるかにかかっている。超微細針もニーズがあったが、市場規模の小ささから大手企業がなかなか手をつけなかった分野。生産設備や治工具を全て内製化し、ニーズへのきめ細かい対応と開発の高速化に取り組むことで、独自の地位を確立し続けている」

 

-事業環境や市場の動きをどう見ていますか。

「国内で医療費の削減や拠点の集約化などが進んでいる。そんな中で医療機関が求められるのが医療の質の向上。超微細針など高付加価値な医療器具の使用を望む要望が多く来ている。一方、海外やアジアを中心に医療の成長が見込める地域が多い。現在は上海に拠点があるが、今後は中国の他都市や東南アジアにも設け、ネットワークの拡充と地元での市場調査とブランディングを進める。日本とアジア両輪で事業展開していく」

 

-展開のために重要なことは。

「技術のさらなる確立と世界視点での製品開発だ。それには人材育成が不可欠。新卒採用を活発化して社内の業務を一通り経験させるとともに、中国への短期留学なども進めて、次代の河野を担う存在に育てる。企業コンセプトは『技術開発型ベンチャー企業』。国内外でしっかりと、この姿勢を表明していく」

 

=会社情報=

▽社長=河野淳一氏

▽所在地=千葉県市川市曽谷2の11100473723281

▽資本金=1000万円

▽売上高=13億円(129月期)

▽従業員=112

▽設立=70年(昭455

http://www.konoseisakusho.jp

記事(PDF形式)