医療用縫合針・縫合糸メーカーの株式会社 河野製作所 所在地:千葉県市川市曽谷 商品販売会社:クラウンジュン・コウノ CROWNJUN

お知らせ

平成23年9月29日(木) 日刊工業新聞
 技能のツボ
 微細手術用針製造 河野製作所
 命にかかわる緻密な手作業

  河野製作所(千葉県市川市、河野淳一社長、047・372・3281)は医療用器具の専門メーカー。金属の微細加工技術に強みを持ち、顕微鏡を用いるマイクロサージャリー(微細手術)向けに直径30マイクロ~80マイクロ㍍(マイクロは100万分の1)の糸付き針を医師のニーズに応じて製造。脳外科や心臓血管外科などさまざまな分野で、これまで不可能だった微細な組織や血管の縫合を可能にした。新たな手術領域の開拓や低侵襲治療の実現に貢献している。
微細手術用針の製造は自動化している工程も多いが、「一番難しいところは人の手で作業すること」(河野社長)。針に糸を付ける工程では、あらかじめV字型に広げておいた針の頭に顕微鏡をのぞき込みながら一本ずつ手作業で糸を置き、包み込んで密着させる。手術中に糸が抜けるようなことがあれば人命にかかわる。失敗が許されない緻密な作業だ。
自動化のための機器や治具も、ほぼすべて自社開発した。河野社長はすべての新入社員にオーディオのアンプをネジ一本からつくらせるなど、独特の研修を課している。「何もないところから製品をつくり出す感覚を磨かせる」 (同)ことで開発力を高めると同時に、顧客のニーズをくみ取り、具現化する「技術開発型ベンチャー」(同)としてのアイデンティティー強化に努めている。

記事(PDF形式)